壺屋焼窯元 育陶園の唐草手碗

壺屋焼の象徴的な技法の一つ”線彫”。

下絵なしで彫刻刀を使って彫るこの技法は、
柄を立体的に陰影を与え、印象的で力強い
存在感のある表情に仕上がるのが魅力です。
長年培ってきた手仕事の技術でもあり、難しい技法の一つです。

壷屋焼窯元 育陶園は、この”線彫”技法を得意とし、
その線彫技法を用いて描く”唐草文様”が、育陶園の象徴となっています。

この”唐草線彫”の更なる進化を求めて開発してきたのが、今回の新しい器です。
名前を”唐草手碗(カラクサ ティーワン)”といいます。
色は5色展開。
サイズ:φ約10cm 高さ約7cm
色:藍 (ai)・白 (haku)・飴 (ame)・墨 (sumi)・緑 (ryoku)

¥5,000(税込¥5,400)/ 1 個

 

www.ikutouen.com

MIREI・齋 悠記  二人展

営業再開のお知らせ

MIREI Tshirts Exhibition 2020

臨時休業のお知らせ

営業日のお知らせ

MIREI オンラインショップのご案内

営業再開のお知らせ

臨時休業のお知らせ

okinawa sweet TRIP 販売のお知らせ

ベジボロン  okinawa sweet TRIP

アクアチーズ  okinawa sweet TRIP

muku New Collection 2020 春夏