壺屋焼窯元 育陶園の唐草手碗

壺屋焼の象徴的な技法の一つ”線彫”。

下絵なしで彫刻刀を使って彫るこの技法は、
柄を立体的に陰影を与え、印象的で力強い
存在感のある表情に仕上がるのが魅力です。
長年培ってきた手仕事の技術でもあり、難しい技法の一つです。

壷屋焼窯元 育陶園は、この”線彫”技法を得意とし、
その線彫技法を用いて描く”唐草文様”が、育陶園の象徴となっています。

この”唐草線彫”の更なる進化を求めて開発してきたのが、今回の新しい器です。
名前を”唐草手碗(カラクサ ティーワン)”といいます。
色は5色展開。
サイズ:φ約10cm 高さ約7cm
色:藍 (ai)・白 (haku)・飴 (ame)・墨 (sumi)・緑 (ryoku)

¥5,000(税込¥5,400)/ 1 個

 

www.ikutouen.com

カレンダー Peaceful Garden 2019 発売

西石垣 友里子展 [04]

muku New Collection <新作受注会> 

TOM MAX EXHIBITION vol.1

MIREI TSHIRTS EXHIBIITION 2018

muku New Collection <新作受注会>

壺屋焼窯元育陶園 「半合酒器」 展

講座 | 高木崇雄+豊永盛人 | 作ること、考えること

年末年始 営業のお知らせ

西石垣 友里子展 [03]

muku New Collection <新作受注会>

カレンダー Peaceful Garden 2018